スポーツ

ジムで友達はできる?できない人の特徴や作る方法

体を引き締めたい!とジムに通い始めたという方はたくさんいらっしゃると思います。

ジムで友達ができたらもっと捗るし、楽しく鍛えれると思ったことはありませんか?

ジムで友達なんて作れるの?できない人の特徴は?

もしジムで友達を作る方法があれば知りたいですよね!

そこでこの記事では

  • ジムで友達を作る方法
  • ジムで友達ができない人の特徴

についてお伝えしていきます。

ジムで友達はできる?

ジムでは会員が黙々とトレーニングしているイメージがあるけど友達なんてできるの?

と思われた方はたくさんいらっしゃると思います。

それではネットの声を一部紹介していきましょう。

この他にもたくさんジムで友達ができたというツイートがありました。

ジムで友達を作ることは可能だということが分かります。

一方でこのような声もありました。

ジムで友達を作ってトレーニングされている方はたくさんいらっしゃいますので友達を作ることは可能です。

見る限り、ジムに通えば勝手に友達ができるということではなく、自分から動き出さない限り友達を作ることは難しいでしょう。

それではジムで友達ができない人の特徴についてみていきたいと思います。

ジムで友達ができない人の特徴

ジムで友達を作ることはできるということは分かったけど、できない人の特徴って何なの?と思われる方は多いと思います。

ジムで友達ができない人の特徴は主に

  • ジムに行く回数が少ない
  • マナーを守らない
  • イヤホンをつけっぱなし

が挙げられます。

それでは順番に見ていきましょう!

ジムに行く回数が少ない

そもそもジムに行く回数が少ない方は友達が作りにくい状況と言えるでしょう。

どんな人でも初対面の人に急に話しかけられると警戒します。

しかし何度か見たことある人だとちょっとは親近感が湧くと思いませんか?

よってジムで友達を作るのであれば顔見知りの会員ができるまで通い続けることが必要になります。

でもジムに通い続けるのはハードルが高いので、始めはレッスンに参加することをおすすめします。

レッスンは曜日や時間が決まっているケースが多いので習慣化しやすく、顔見知りも増やせるので一石二鳥になり得るでしょう!

マナーが悪い

ジム内でのマナーが悪い方も友達ができにくいでしょう。

例えば、

  • マシンを使っている最中に声をかける。
  • 使い終わったマシンについた汗を拭かない。
  • 器具を大切に扱わない
  • 後片付けをしない

などが挙げられます。

これらはジムのオープンな空間の中では意外と目につきます。

みんなで共有して使うジムの道具や空間を大切に扱えない人とは友達になりたいと思いませんよね?

上記以外にも他の会員に迷惑をかける行為は友達を作るどころか嫌われてしまいますので絶対にやめましょう。

イヤホンをつけっぱなし

イヤホンをつけっぱなしの人も友達が作りにくいでしょう。

理由はイヤホンをつけていると話しかけにくいからです。

ジムでは集中したい時や話しかけられたくない時のサインとしてイヤホンをつける人もいます。

あなたと話したいと思っている人がいても、イヤホンをつけていることによって機会を失ってしまっているかもしれません。

もしジムで友達を作りたいのであれば基本的にイヤホンは外しておくのがおすすめです。

ジムで友達を作るコツや方法

ジムで避けるべき行動はわかったけど、友達を作るコツや方法が知りたい!

と思った方のために、ここでは3つに分けてお伝えしていきます。

ジムで友達を作るコツ、方法は主に

  • 同じ曜日、時間帯に行く
  • ジムのスタッフと話す
  • トレーニングの質問をしてみる

が挙げられます。

それでは順番に見ていきましょう!

同じ曜日、時間帯に行く

初対面の人に声をかけるより、顔はよく見るけど話したことがないという人の方が話しかけやすいですよね?

そのためジムで友達を作るためには、まずは顔見知りを作っていくことが必要になります。

ジムに通っている方は仕事がない日などスキマ時間を活用して行く方が多いです。

大体の方が曜日、時間帯が固定化してくるため、あなたも同じ曜日、時間帯に通えば、顔見知りを増やすことができます。

特に20代、30代の友達を作りたいという場合は、平日の夜か土日に狙いを絞りましょう。

ある程度曜日と時間帯が決まっていればあなた自身もジムをルーティン化しやすく、続けやすいというメリットもあります。

ジムのスタッフと話す

楽しく仲良く話す姿を見ると話しやすい雰囲気の人だと周りに思われることができます。

しかしジムの会員に話しかけるのは勇気がいるのでまずはスタッフの方と仲良くなりましょう。

通い始めたばかりの時期であれば、トレーニング方法を教えてもらう等、話すきっかけが作りやすいです。

スタッフの方と友達になれる可能性もあるので、行ったら毎回挨拶する仲を目指しましょう!

しかし長時間話し込む等、スタッフの方を独占するようなことがあると他の会員からの印象が悪くなるので気をつけましょう。

トレーニングの質問をしてみる

顔見知りの人が増えて、スタッフと仲良くなって、実際に他の会員と何を話せばいいのかわからない方も多いでしょう。

そんな時はトレーニングについての質問を投げかけてみましょう!

例えば、「何キロで何セットやってるんですか?」や「何年ぐらい通われてるんですか?」などです。

声をかける時はなるべく相手が答えやすい質問を投げかけることを意識しましょう。

質問を答えてくれて会話のラリーが続くようであれば徐々にプライベートな会話に繋げていきましょう。

その時に注意すべき点は、相手が休憩中に声をかけるということです。

トレーニング中だと集中している時かもしれませんし、怪我する危険性もあります。

あくまでも迷惑をかけないように気をつけて行動しましょう。

ジムで友達はいらない派もいる

nbsp;

世の中にはあなたの考えとは裏腹にジムで友達を作りたくないと考えている方もいらっしゃいます。

ジムで友達を作ると

  • トレーニングに集中できない
  • ジムでの人間関係が面倒臭い
  • 周りの目が気になってしまう

などのデメリットを感じる方もいらっしゃいます。

必ずしも友達を作りたい方ばかりではないということを理解して声をかける人を見極めましょう。

声をかけるタイミングで反応が薄い方や会話をスルーする方は友達を作りたくない方かもしれません。

そのような方と無理矢理仲良くなろうとすることがないように気をつけましょう。

まとめ

ということでこの記事では

  • ジムで友達を作る方法
  • ジムで友達ができない人の特徴

以上についてお伝えしてきました。

Q.ジムで友達はできるの?

→ジムに通えば勝手に友達ができることはないが、行動を起こせば作ることは可能です。

Q.ジムで友達ができない人の特徴

  1. ジムに行く回数が少ない
  2. マナーを守らない
  3. イヤホンをつけっぱなし

Q.ジムで友達を作るコツや方法

  1. 同じ曜日、時間帯に行く
  2. ジムのスタッフと話す
  3. トレーニングの質問をしてみる

Q.ジムで友達はいらない派もいる

→下記のデメリットから友達を作りたくない人もいる

  1. トレーニングに集中できない
  2. ジムでの人間関係が面倒臭い
  3. 周りの目が気になってしまう

ジムで友達を作るコツや方法についてお伝えしてきましたが、最終的には声をかける勇気が一番重要です。

まずは上記の内容を参考にして声をかけやすい環境作りを意識してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。