サウシードッグ

サウシードッグの君がいないはどんな曲?歌詞の意味まで徹底調査!

現在、Z世代を中心に爆発的な人気を集めている邦ロックバンドSaucy Dog(サウシードッグ)。

彼らの人気曲「君がいない」では、メロディに乗せて歌われる切ない恋心に共感を覚える方続出!と噂になっています。

「君がいない」、どんな曲なのでしょうか?気になりますね…。

また、この曲の歌詞に込められた切ない恋心には、どんな想いが込められているのでしょう?

そこでこの記事では

  • サウシードッグの君がいないってどんな曲?
  • 君がいないの歌詞に込められた意味

以上についてお伝えしていきます!

サウシードッグの君がいないはどんな曲?

切ないラブソングに定評があるサウシードッグ。

その中でも特に切ない、と言われている「君がいない」、いったいどんな曲なのでしょうか?

「君がいない」は、

別れた恋人への恋心を歌った切ないラブソングです。

この曲は2021年8月にリリースされた5枚目となるミニアルバム「レイジーサンデー」に収録されています。

タイトルの「君がいない」という言葉が示す通り、歌詞は非常に喪失感と儚さに満ちたものになっています。

しかし、その切ない恋心とは裏腹に、曲調はポップでハイテンポ!

失恋したときのあの言葉にならない感情が、等身大で表現されています。

その魅力あふれるミスマッチさから、彼らの数ある曲の中でも人気の高い1曲です!

サウシードッグ君がいないの歌詞をチェック!

寝苦しい夜に茹だる僕
滲む白シャツ

暑がりな僕と寒がりな君
騒がしい夜はもう夢の中

触れ合ってすごい汗だって笑って
夏になったらどうなんのよって
乱れて「愛してる」って

バイバイ 君を幸せにするのは
僕に任せてくれないか なぁ
はいはい 思い上がり上等

「じゃあその時はよろしくね」
って期待させないでよ

絶対や永遠なんてさ
存在しないような気がしていたけど

“本当にあった〇〇”って幻の放送回
特番で僕らを使ってもらおうぜ きっと

「アホみたいだね でもそうなったら最高だね」
って君が笑ったら
僕らに不可能はない気がしてしまうんだ

バイバイ 君を幸せにするには
役不足かい  あぁ 聞きたくない
はいはい 思わせぶり巧妙

「まだ好きだよ」って振り回して
また奪っていくんだ

隣で君の声
少しだけ聞けたら
すぐに眠れてしまう
単純な僕は

どんな夜でさえも
こんなに辛いと思ったことがない
音がしない 味がしない 君がいない

バイバイ 君を幸せにするのは
僕に任せてくれないか なぁ
はいはい 思い上がり上等

「じゃあその時はよろしくね」
責任とってよね

『君がいない』作詞:石原慎也 作曲:Saucy Dog

君がいないの歌詞の意味


ギターボーカルを務める石原慎也さんがすべての曲の作詞を担当している、サウシードッグ。

彼の描く歌詞は、恋愛の複雑さや人間くささがストレートに描写されていて、特に若者世代に幅広い共感を呼んでいます。

そんな彼らの名曲「君がいない」、その歌詞に込められた意味や想いとはどんなものなのか?

気になるフレーズをいくつか抜粋して、解説をしていきたいと思います。

暑がりな僕と寒がりな君

騒がしい夜はもう夢の中

このフレーズは、暑がりと寒がりという、まるで対照的な男女を連想させます。

いくら恋人であろうとも、それぞれ違う部分があって当然ですよね。

続く、夢の中というフレーズから、ベッドの上という無防備な時にも体を寄せ合っている2人の様子が思い浮かびます。

性格が反対な2人であっても補い合う幸せな関係がイメージできます。

夏になったらどうなんのよって

この歌詞から季節は秋、もしくは冬であることが予想できます。

また、当然のように次の夏を一緒に過ごすつもりでいることが読み取れますね。

恋人である以上は、お互いに好き同士です。

終わりがくることなんて、想像もしないくらいに幸せですよね。

絶対や永遠なんてさ

存在しないような気がしていたけど

これは恋をしているときに、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

絶対や永遠は存在しないと思いながらも、恋人とはずっと一緒にいたい。

永遠や絶対を心のどこかで信じていたい。

そんな切なくも健気な感情がよ伝わりますね。

音がしない 味がしない 君がいない

ここにきて初めて、タイトルの「君がいない」というフレーズが出てきます。

恋人とのこれまでの幸せな思い出を前半で描写し、曲の後半辺りにこのフレーズが入れられています。

こうすることによって、曲を聴いている方もより鮮明な想像ができますよね。

大切な人が突然いなくなってしまった虚無感をストレートに表現していて、高い共感性を生みます。

ここの歌詞は、心と身体の両方の痛みが上手に言語化されていて、本当に素晴らしいです。

バイバイ 君を幸せにするのは

僕に任せてくれないか なぁ

はいはい 思い上がり上等

「じゃあその時はよろしくね」

責任とってよね

君を幸せにするのは僕に任せてくれないかというフレーズは、この曲の中で2回登場します。

それほどまでに相手を幸せにしたいという彼の、恋人に対する強い気持ちが伝わりますね。

そして、最後の最後に「責任とってよね」のこの言葉。

叶わないという現実を受け入れながらも、君が言ったんだという彼の悔しさのような感情も伝わります。

あまりにも切なくて、聴いている側は胸が痛くなりますね。

まとめ

ということでこの記事では

  • サウシードッグの君がいないってどんな曲?
  • 君がいないの歌詞に込められた意味

以上についてお伝えしてきました。

Q. サウシードッグの君がいないはどんな曲なの?

→別れた恋人への気持ちを歌った切ないラブソング。

Q. 君がいないの歌詞に込められた意味は

→幸せな未来への期待とその絶望を等身大で表現する歌詞。

大切な恋人との幸せな日常、その反対に大切な人との別れや失恋の辛さ。

相反する感情をそのまま描いた歌詞には、きっと聞いた誰もが共感してしまうことでしょう。

この曲だけでなく、彼らのつくる音楽にはそれぞれにまた違った数々の魅力があります。

歌詞の意味を考察したりしながら、ぜひ彼らの楽曲にさらに触れてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: