藤井風

藤井風の学歴まとめ!出身中学・高校・大学は?

才能あふれる音楽と歌詞のセンスで、多くの人を魅了する藤井風。

英語がペラペラだったり、歌詞の語彙の幅広さに驚いたり…知的レベルが高そう!と感じざるを得ませんよね(笑)

そんな彼の豊かな知識はズバリ!学歴が高いからなのでしょうか?

藤井風さんの出身中学・高校・大学はと関連しているのでしょうか?

そこでこの記事では、

  • 藤井風さんの出身小学校・中学校・高校は?
  • 藤井風さんは大学に進学した?

以上についてお伝えしていきます!

藤井風の学歴を一覧でまとめ

ということで、岡山県出身の藤井風さんの学歴をまとめてみました!

小学校 里庄町里庄西小学校
中学校 里庄町里庄中学校
高校 岡山城東高校 音楽学類 ピアノ専攻

なんと、大学には通っていないということで、経歴的には高卒となっています。

とんでもない偏差値の高校卒というわけでもなく、特に大学には通っていないのは驚きですね。

彼の英語力や表現のセンスはどこで培われたのでしょうか?

出身小学校・中学校・高校について


ここからは、藤井風さんの出身小学校・中学校・高校について詳細にお伝えしていきます!

筆者は岡山県出身・在住なので、岡山県民としての知見・経験も踏まえられればと思います。

里庄町里庄西小学校

里庄町里庄西小学校は、岡山県南西部にある浅口郡里庄町にある小学校です。

浅口郡は自然が豊かで、倉敷市や広島の方にアクセスしやすい場所に位置しています。

幼い頃から音楽や英語を父親から教わり、小学6年生の時にはその父親の勧めで動画投稿を始めていました。

藤井風さんは地元について、「何もない所で、皆が仲良し」「すべての思い出がここにある」と語っています。

豊かな場所で自由に育っていったことが、後の活躍にしっかりと繋がっていますよね!

里庄町里庄中学校

中学校は、特に受験などは必要のない、一般的な中学校です。

この時期にも藤井風さんはYoutubeでの動画投稿を続けていたそうです。

ただ、「恥ずかしくてピアノが弾けることは友人には隠していた」とのことです。

お笑いが大好きで、友人とネタを作ってはクラスで披露していた人気者でした。

岡山城東高校 音楽学類 ピアノ専攻


高校は、岡山城東高校 音楽学類 ピアノ専攻へ進学します。

城東高校は公立高校の中でも、音楽を専修できるという点で特殊です。

また、ピアスや染髪以外は基本自由で、生徒の意思を尊重している、魅力のある高校です。

吹奏楽部・オーケストラ・音楽学類共催の演奏会はとてもハイレベルで、高校生とは思えない出来です。

藤井風さんはこの時期は動画投稿を一時休止していて、学生生活を重視していました。

高校での生活は「本当に楽しかった」と語っていて、城東高校の素晴らしさが伝わってきますね!

高校卒業後は?

ここまで、藤井風さんの学歴についてお伝えしてきましたが、前述のとおり、藤井風さんは大学には進学していません。

高校卒業後はどのように過ごしていたのでしょうか?

藤井風さんは高校卒業後、実家のある浅口郡里庄町でYoutubeやイベントを通じて音楽活動をしていたそうです。

ホテルでコンサートをしたり、お祭りで歌ったりなど、藤井風さんの地元愛もうかがえますね。

この時期に現在マネージャーを務めている河津さんからオファーを受け、上京を決断しました。

その後、活躍を積み重ね、今をときめくスターに成りあがっていきます。

藤井風さんの英語力の源は?

自身のYoutubeチャンネルに投稿している動画を見るに、藤井風さんは英語がペラペラです。

彼はどこで英語力を培ったのでしょうか?

藤井風さんは、幼い頃に父親に英語を教わっています。

しかしそれだけでなく、

英語は独学で勉強した

とのことです。

城東高校での英語教育の影響もあるとは思われます。

ですが、英語をたくさん聴いて自分で喋ってみる、というのを繰り返したそうです。

こうして藤井風さんは英語に達者になりました。

努力家な一面も見えて感激ですよね!

まとめ

ということで今回は

  • 藤井風さんの出身小学校・中学校・高校は?
  • 藤井風さんは大学に進学した?

以上についてお伝えしてきました。

Q.藤井風さんの出身小学校・中学校・高校は?

→小学校・中学校は地元、高校は城東高校 音楽学類 ピアノ専攻

Q.藤井風さんは大学に進学した?

→大学へは進学せず、地元で音楽活動を行っていた。

幼い頃から音楽漬けの生活を楽しんでいたことがとても分かりました。

父親から教わった英語や、豊かな環境での暮らしが、藤井風さんの才能をサポートしています。

学生時代の様子から、藤井風さんの素晴らしい人間性が見えてきて、とても応援したくなりますよね!

藤井風さんの今後の活動にも期待しましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

error: